2011年06月20日

新宿西口公園のぬこ

昨日のロケハン中に発見したノラネコ。手すりの上を器用に歩いている。人に慣れているみたいで、カメラを近づけても逃げる様子もなく、あごの下をこちょこちょしてもヘーキw

P6191391-1

それにしても、こんなに細い手すりの上で器用だねー。

P6191394-1

居心地がいいんでしょうか?w

P6191398-1

他にも一匹、ぬこが居たけど、野良にしてはキレイな猫。地域猫っぽいマークはなかったけど、世話をしている人がいるのかな?

posted by のら at 22:51| Comment(2) | TrackBack(0) | Cats

2009年10月14日

ぬこ with レインボーブリッジ

台場の猫。耳が欠けているのは地域猫のしるしかな?

20091014-5

レインボーブリッジを背景にした絶好のポジション。こんなローアングルから的確にフレーミングするには、バリアングルモニターを搭載したLumix DMC-G1、DMC-GH1がベスト。このカメラ、猫撮りにはホントに使いやすいカメラだ。

posted by のら at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | Cats

2009年10月12日

近所の猫さん

以前から、この猫さんの姿は見かけていたんだけど、なかなか写真に撮れなかった。昨日はE-P1 & 7-14mmの試写の散歩に行く途中で、猫さん発見!

20091012-1

首輪をしているので飼い猫。近所のお店の猫さんだ。

20091012-2

首輪のプレートを見ると、名前はトモちゃん。ブログ掲載の許可は頂いておりませんが、肖像権的にダイジョブですよね? 以後、お見知りおきを。

posted by のら at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | Cats

2009年10月10日

桃栗三年、

桃栗三年、猫八年。

意味:桃や栗が実をつけるまでに、苗を植えてから三年という年月が必要で、猫も悟りを開くまでには八年かかる。つまり、何事にも成果が出るまでには年月が必要なことの喩え。

20091010-1

秋ですなぁ。桃、梨、林檎、柿、・・・・果物食べたい。OLYMPUS Pen E-P1 & Lumix G 20mm F1.7

posted by のら at 12:09| Comment(0) | TrackBack(0) | Cats

2009年10月08日

台風一過

台風18号が席巻した関東地方、ワタシも通勤電車が遅れて散々な目にあいますた。

でも、午前中には晴れ間が広がって、白い雲がものすごい速さで流れていく。いつもは全然波がないのに、今日は強い波が押し寄せて、砂浜の砂が凄い勢いで舞っている。いつもとは違う台場の光景だ。

20091008-1

砂浜も部分的にえぐれているし、砂が風に乗って飛んできてイタイ。

20091008-2

そんな中でも、台場の猫たちは、どこでどうやって台風をやり過ごしているんだろうか?

20091008-3

こっちのぬこは、強風の中でも、日当たりがいいところでお昼寝中。

20091008-4

台場のノラたちはみんな元気でした。ちょっと安心。

OLYMPUS Pen E-P1 & Lumix G 20mm F1.7

posted by のら at 20:33| Comment(0) | TrackBack(0) | Cats

2009年09月12日

海浜公園の猫

掲載の写真は、木曜日に写したモノ。

しばらく台場のノラたちの姿を見かけなかったので、近くの駐車場を探したらいつもの猫たち4匹を発見。みんな元気そう。無事でよかった。

20090912-1

耳のうしろが痒いデス。

20090912-2

こーんな感じで、白黒ブチの似た模様の猫が2匹、白茶の模様の猫も2匹づつが、まったりと生活しています。

20090912-3 

そういえば、お台場キャッツリビン(Cats Livin)の経営権がこれまでの(株)ペットファーストから(株)クラブキャットファミリーに譲渡されて、9月1日から店の様子がちょっと変わってしまいました。店の外観はそのままなんだけど、まだ経営が引き継がれたばかりなのか、猫用品の商品数が少なくなってちょっと寂しげなかんじ。猫と遊べる「ふれあいパーク」の入場料も大人800円から1000円に値上がり。カップルの割引もなくなってしまった。

クラブキャットファミリーは、千葉県の富浦で「にゃんだPARK」を経営している会社で、一度、富浦は行ってみたかったトコロでした。台場はまだ経営を引き継いだばかりで、まだそのカラーは出ていない感じだけど、これからどんな店になっていくのか楽しみですにゃ。

posted by のら at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | Cats

2009年05月11日

Black & White ぬこ@台場

台場の海浜公園には何匹かの猫が住んでいる。私が顔を知っている猫は3匹で、お昼時は海浜公園で昼食を食べているサラリーマンやOLからエサを貰って生活しているみたい。

20090511-3

20090511-2

エサを貰って生活をしている割には、微妙な警戒感が漂う。2m以内の警戒圏内に近づくと、距離をとろうとするデス。この写真には写っていない白い猫は、自分から近づいてくるんだけどねぇ。Fuji Finepix F100fdで撮影。

posted by のら at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | Cats

2009年05月09日

猫まるカフェ@上野 その2

上野駅浅草口すぐの場所にあって、4月にオープンしたばかりの「猫まるカフェ」。店内の全景はこんな感じ〜。

20090506-21

写真には写っていないけど、撮影位置の後ろ側にはソファもあって広めの店内。10人くらい入っていたけど、基本的にはこれ以上は入れないみたい。写真左側はカウンター席になっていて、そこからの眺めはスバラスイ!

20090506-26

こ〜んな感じで、上野駅越しに、上野公園の森が見られる。西向きなので、夕方はキレイかも。

20090506-23

チンチラのメイプルくんも、窓の外を眺め、もの思いにふける。

20090506-22

その一方で、マンチカンのいちごちゃんは、カウンターの下に潜り込んでうたた寝。

20090506-25

でも、メシの時間が近づくとキッチンの近くに言ってごろん。

20090506-27

怪我をしているので、薬を強制的に飲まされる!必死の表情で助けを求めるいちご!

20090506-24

スコティッシュホールドのマールは、ふてぶてしい顔ながら、遊ぶのが大好き!

20090506-28

メシだ!メシだ〜!わらわらと猫たちが集まってくる。

20090506-30

仲良く?会食タイム。他の猫のごはんを横取りしようとする猫は、しかられていました。

20090506-31

いちばん小さな豆太郎くん(アメショ)。

20090506-32

「ゴルア!勝手に写真撮るな」と怒る店長のしろう。4歳で、この店では一番の年長ぬこ。

20090506-33

緑色の目がきれいで、意外とハンサムです。

今回のカメラは、Panasonic DMC-G1&14-45mm。ISO800で撮影。猫撮影には便利なバリアングルモニターを搭載しているので便利。でも一番の欠点は、ボタンやダイヤルが勝手に回ってしまって設定が変わってしまうこと。今回は、色温度の設定が変わってしまった(泣)。

posted by のら at 07:59| Comment(0) | TrackBack(0) | Cats

2009年05月07日

猫まるカフェ@上野

GW最終日の雨の中、上野で4月にオープンしたばかりの「猫まるカフェ」に行って来た。上野駅の浅草口から徒歩1分という絶好の立地で、しかもGWの夕方、しかも雨の中行き場を失ったかぽーがたくさんいて、お店は盛況している様子。店は雑居ビルの8階にあって、窓からは上野公園を望み、とっても見晴らしがいい。きっと夕焼けの時間はきれいだと思う。

お客さんは10人くらいは入っていたけど、店はそこそこ広いのでゆったり・まったりした感じ。それ以上、お客さんを入れないのは良心的だと思う。スタッフの人たちも親切でフレンドリー。猫カフェで猫がカワイイのは当たり前なので、問題はスタッフの良し悪しなのだ。その点、このお店は清潔感があるし、接客も気持ち良い。

20090506-13

さて、写真はこの店のブログも書いている(爆)、意地悪マール! ふてぶてしい表情で左ストレートを打つ! 妙にカワイイ。

20090506-11

ねずみのおもちゃに標準をあわせ、狩りの姿勢をとるマール!

20090506-12

立ち上がってねずみのおもちゃをキャッチするマール!!

雰囲気的には、とってもオススメの店。あえて書くなら、ちょっと猫密度が低めなことかなぁ。猫の数は少なくないんだけど、営業時間が長いので交代で休憩をとっていて、結果的にお客さんよりも猫の数が少なくなってしまう。あと、基本的に猫を抱きかかえるのはダメ(一部OKの猫もいるのでスタッフに確認すること)。値段的にはちょっと高目かもしれないけど、割引になるプランも用意されているので要活用。さらにHPには書かれていないので試験的な割引かもしれないけど、ワタシが行ったときには予約割引(1000円毎に50円引き)もしてくれた。混んでいることもあるので、予約をオススメしたい。

posted by のら at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | Cats

2009年03月03日

高田馬場の猫カフェ その2・・・「ぷうにゃん」

高田馬場の2軒目の猫カフェ「ぷうにゃん」で、2008年10月1日にオープン。「ねこJa・La・La高田馬場店」のわずか1週間後に開店したわけだが、これは偶然なのか、それとも猫カフェ密集地帯を作って集客を狙ったのかはわからない。場所は「ねこJa・La・La」よりも駅方向に50mほど歩いた場所にある。広さは、「ねこJa・La・La」の半分くらいかな?10人くらいでいっぱいという感じ。休日ということで、ちょっと混んでいた。

値段は1時間1,000円でドリンク込み。・・・・ドリンク込みといっても、出されるのは缶飲料だから原価は120円。まぁ、ドリンク目的で猫カフェに行く人も少ないだろうから、個人的には缶飲料でもかまわない。しかし驚いたことに、この店の店員の接客は、・・・・言いたくはないがちょっとヒドイ。ほとんど口をつけていない缶飲料でも、席をちょっとはずして猫と遊んでいるとさっさと黙って片付けてしまう。気が付いたらドリンクがない!!店員さんの目線も、かなり「管理」的な雰囲気で愛想が・・・・にゃい。お客さんに楽しんでもらおうという気持ちはあまり感じることができなかったのがあザンネン。

20090302-13

店の雰囲気は、「ねこJa・La・La」とは対照的で、入店したのはもう薄暗くなり始めた午後4時過ぎだったからなのか外光を完全に遮光して、薄暗い人工照明のみ。経営している会社がレジャーホテル(ブティックホテル・ラブホテル)を経営している会社だからかなぁ?どことなくそんな雰囲気が漂う(爆)。暗いので猫の目はまんまるくなってカワイイのだが、写真を撮るのには、ちょっとツライ。

20090302-6

キャットタワーの上で大あくび。この店も美猫が多いにゃ。

20090302-2

この店のおもちゃの特徴は、大きなレジ袋があること。

20090302-3

猫はレジ袋や新聞紙のガサゴソする音が大好きだし、狭いところに入る習性があるので、レジ袋を被せて遊ぶとオモシロイ。

20090302-4

レジ袋に入ってご満悦にゃ。猫たちは文句なくかわいいし、店内はそれなりに清潔だと思われる。

でも、この店をオススメできるかというと、・・・・うーむだなぁ。猫がかわいいのはどの猫カフェでも当然なので、それ以外の加点ポイントがあるかどうかがポイント。しかし「ぷうにゃん」に関しては、ちょっと思い浮かばない。むしろ店員の接客態度などは、たまたまその時の店員さんだけなのかもしれないけど、やっぱ減点だと思う。猫カフェとは言えども、基本は人間スタッフなのだよ。

それに社長の言葉だと、首都圏最大の猫カフェ・チェーンの形成を目指しているとのことで、HPでも以前はフランチャイズ加盟店の募集を掲載していた。正直言って、こういう風に最初から「首都圏最大の・・・」みたいな拡大路線で猫カフェ経営に乗り出そうとするのは、ホントに猫たちを大事にしているのだろうかとの不安が付きまとう。

個人的には、高田馬場で猫カフェに行くのなら「ねこJa・La・La」の方に行きますヨ。

posted by のら at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | Cats

2009年03月02日

高田馬場の猫カフェ その1 「ねこJa・La・La」

このところ猫カフェ・シリーズの掲載をお休みしていたけど、実際のところは少しずつ新しい店を開拓していて、高田馬場に行ったついでに同所にある2店を同時にマーキング?してきたのは昨年末のこと。この2店間の距離は、わずか50mほど、歩いて30秒ほどなのでハシゴするのも簡単ナノダ。

まずは「ねこJa・La・La 2号店」は、すでに秋葉原にある本店で人気を集めている店の2号店で、このブログでも紹介済み。ビルの4階にあるんだけど入り口はとってもわかりにくいので、あらかじめ地図での確認は必須だと思う。行ったのは休日の午後だったので、やっぱりお客さんは多め。それでも秋葉原店よりも数倍の面積があるので、狭さは感じない。秋葉原店の定員12人に対し、高田馬場は定員は22人ということになっているけど、まったり遊ぶには10〜15人程度が適当だと思う。

20090301-3

上の写真に写っているのは、店の半分くらいの面積。清潔で、猫臭さもほとんど感じない。料金は、はっきりと覚えていないけど、一時間で千円ちょっとだったかな?それにドリンクが300円くらい。猫カフェとしては、標準的な値段である。

20090301-1

店員さんもフレンドリーで、猫スタッフの特徴や性格なんかを話してくれる。

20090301-2

店が広すぎると猫密度が低くなるし、狭いと客密度が高くなりすぎる。その意味では、この店はちょうどいい広さかも。

20090301-4

猫種はいろいろ。美猫が多いのは、秋葉原店と同様だ。

20090301-5

昨年9月に開店したばかりの店なので遊び盛りの猫が多い。おもちゃへの喰いつきもイイ。

20090301-6

カメラはPanasonic DMC-G1 & 14-45mm。ローアングルの接近戦、つまり猫写真には最強のカメラだ。ただしレンズは暗いし、常用感度はIso800まで。この店はそこそこ明るいので大丈夫だけど、もう少し暗い店だとつらいかも。

20090301-7

そんなワケで、店員さんもフレンドリーで親切だし、清潔だし、この店はオススメです。もうちょっと料金が安ければ言うことないんだけど、休みの日だから仕方がないかな。

posted by のら at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | Cats

2008年06月30日

川崎のねこカフェ「みけ」 Part2

昨日の続き!

猫カフェのスタッフは、男性は黄色いツナギ、アルバイト風の女性の「サポーター」という名札をつけて受付などで対応してくれる。入店するとまずは座席に案内され、そこでドリンクが出されてから時間のカウントが始まる。時間の管理は、基本的にお客に任されている。

着席すると、すぐに男性スタッフが、猫を抱いてきてくれる。これだけ広い店内だから、猫密度は決して高くはないけれど、こうやって連れて来てくれるので知らず知らずのうちに周りは猫だらけ。元気よく遊びまわるショートヘア系の猫、おっとりとした長毛系の猫、・・・それぞれ個性があって面白い。

0630-0

肉球ぷにぷに。

0630-1

この店は、狙っているのかノリなのかわからないけど、あえて「猫キャバ」路線をとっている。ただ、こういうコンパニオンだとかチェンジOKだとか水商売風のノリで、さらに路上の看板もいかがわしさ丸出しで、おまけに看板を持ったおじさんが街頭に出ているのを見ると、ちょっと引いてしまう人もいるに違いない。あの歓楽街風の場所の雑居ビルで、ちと入りにくい上に、こういうノリはちょっと逆効果かもしれない。

0630-2

0630-3

そして、なによりも、1号店を立ち上げる前から「フランチャイズ募集」という看板は決定的にイメージが悪い。これでは、単に猫を商売道具としか考えていないような印象を強烈に与えてしまう。拡大路線をとって、お店を増やせば、それだけ子猫を増やし、大きくなった猫でも支店に分散できるから、円滑な猫のライフサイクルを維持できるかもしれないけど、それができるのは流行に乗ってお店を拡大している間だけ。猫カフェブームが去ったら、・・・たぶんそう遠くない将来に淘汰の時代が来ると思うけど・・・・多くの猫が路頭に迷うことになりかねない。猫カフェを運営する以上、猫たちの命を預かっているわけだから、そういうリスクを最大限考慮して経営するべきだと思う。猫好きなお客さんであればあるほど、そういうところは敏感に見ていると思う。

0630-4

にも関わらず、この店の猫たちはカワイイ。スタッフもお客さんに楽しんでもらおうと対応している。だからこそ、この猫たちが大きくなっても、ずっと店にいられるといいなぁと思う。だから、フランチャイズ展開はあまり考えずに、真面目にマジメに経営していってほしいなぁ。そうすれば、きっと、いい店になると思います。

posted by のら at 22:48| Comment(4) | TrackBack(0) | Cats

2008年06月29日

川崎のねこカフェ「みけ」

川崎で6月20日にオープンした「話題?」の猫カフェ「みけ」に行ってきた。

あの看板、あのホームページ・・・、ゆえに前評判は決して高くなかったが、実際に行ってみると、・・・・。まず驚いたのが、お店に向かう途中には必ず川崎の観光名所?「ラ・チッタデッラ」の入り口のあたりを通るんだけど、そこには「ねこカフェ」の看板を持ったおじさんが立っている! これはもう漫画喫茶や個室ビデオと同じノリの宣伝手法。もしかしたら経営主体が、そーゆー系統の会社なのかなぁ・・・と想像してしまう(爆)。

実際に、そのビルには漫画喫茶や個室ビデオの店が入っているんだけど、ねこカフェに行くエレベーターはそれらと共通。ちょっとイカガワシサが漂うのだが、そこは勇気を持って進まなければならない(笑)。

0629-22

7階に下りるとこんな感じ。開店間もないということもあって、花輪が飾られていて、華やかな感じ。この入り口で、サンダルに履き替えることになる。

 0629-21

入り口のカウンターで、システムの説明があり、ワタシは2時間1,500円のコースを選択。それにドリンク代が加わって、2時間で1,900円。まぁ、標準的な猫カフェの料金よりは、ちょっと安めだろうと思う。・・・で、受付の前には、コンパニオンの写真が飾られている。これはただのノリだとは言っていたけど・・・(爆)。猫キャバですな。

0629-23

店内は、かなり広い。台場の「おにゃんば」などは別とすれば、たぶん東京圏で一番広いのではないか。たぶん30人以上が入っても十分に対応できる広さだろう。私が入ったときには、お客の数はわずか4人。猫の数は10匹以上が出ていて、猫ハーレム状態。その後、家族連れや、カップルが増えてきたけど、この広さならぜんぜん問題ナシ。

0629-11

店内の調度品は、あまり高級感はないけれど、まだオープン間もないので清潔感はある。キャットタワーがたくさんあるけど、生後間もない子猫ばかりなので、これを利用するのはまだ先になるかも。

0629-12

今回は昼間に行ったので、店内は外光が入ってきてかなり明るく、写真を撮る条件も良かった。ISO400でも1/60程度のスピードで写す事ができたので、かなりヨサゲなカットがたくさん撮れた。

0629-13

前述の通り、店内は子猫ばかり。昼間なので、寝ている猫も多かったけど、み〜んなカワイイ。

0629-14

今回は第一弾ということで、続編も掲載したい。

行ってみての感想は、ちょっとノリにおかしなところはあるし、経営姿勢にどんなもんかなぁという点はあるけれど、お客さんに楽しんでもらおうという姿勢は感じられるし、衛生面でも気を使っていて、猫たちも元気そう。ふつーに2時間、楽しめました。

posted by のら at 23:14| Comment(9) | TrackBack(0) | Cats

2008年06月01日

川崎のねこカフェ、開店準備中!

ちょっと川崎駅東口を散歩していたら、新しい猫カフェの看板が目に入ってきた。以前からウワサは聞いていたけど、ここが新しい「ねこカフェ・みけ」かぁ。

川崎駅東口のさいか屋のある通りを、川崎警察署の方向にちょっとだけ歩いていくと、下の写真の看板が眼に入る。写真のど真ん中が、猫カフェの看板だ。「日本海庄や」を目印に探したほうが良いかもしれない。ビデオやまんが喫茶と同じ建物ということで、ちょっとイカガワシサが漂う(爆)。

0601-31

その看板をズームして拡大したのが、下の写真。「アルバイト募集(女子)」って・・・・男女雇用機会均等法違反でしょ。このあたり、かなり意識が希薄な感じ。こっちの求人情報サイトの募集広告では「女子」の文字は外されているけど、こんな法律違反の広告をマトモな求人情報サイトが載せるわけないですね〜。

0601-32

この下の写真は、駅の反対側から写したもの。路上の広告も作っていて、それなりの資金力もありそう。求人サイトによると有限会社石原エンタープライズという会社が経営するらしい。

0601-33

さらに、路上広告を拡大したのが、下の写真。看板の一番下を見ると、まだ一号店もオープンしていないのに、いきなりフランチャイズ加盟店募集って・・・・・・おいおい。

0601-34

なおホームページはこちら。海辺の公園をイメージしたカフェとのこと。ちゃんと猫たちを大切にして経営してくれることを願います。6月上旬オープン予定ということなので、もうすぐ開店。それにしても、いかにも手作り感の強いホームページですな(爆)。

posted by のら at 22:09| Comment(2) | TrackBack(0) | Cats

猫のまほう 西五反田店 プレオープン!

今日6月1日にオープンする「猫のまほう」(略称:ねこまほ)の西五反田店、本格オープンに先立ってメール会員登録した人を招待するプレオープン企画に行ってきた。

0601-11

場所は、東急池上線の大崎広小路駅の出口のすぐ隣だが、一般的にはJR山手線の五反田駅から歩いたほうが便利だと思う。目印は「ゆうぽうと」、この並びにある東京モリスビルの7階に受付がある。細長〜いペンシルビルで、看板が目立たないので注意していないと見逃してしまいそう。細い通路を通ってエレベーターに乗って7階に上がると、そこは普通のマンションっぽい入り口に到着。そこが「猫のまほう 西五反田店」だ。7階は受付とカフェ部分、さらにメゾネットになっている8階に階段で上がると猫と遊べるスペースになっている。この構造から想像すると、たぶんこの部屋はビルのオーナーが所有していた住宅部分だろう(あくまでも想像にゃ)。

0601-12

7階で受付をすると、まずはどの店でも共通の「手洗い」と「消毒」が促され、そして7階のカフェ(=たぶん、もともとは住宅のLD部分)に着席。すわり心地が良さそうな座椅子にテーブルというスタイルで、かなりまったりした時間が過ごせそう。この日はプレオープンなので、無料で1時間+ワンドリンク。とりあえずコーヒーを注文したけど、コーヒーを飲みに来たわけではないので(爆)、すぐに8階の猫部屋に向かう。

その8階部分の写真がこれ。魚眼レンズなので、実際のよりも広く見えるけど、全体で20畳くらいの広さかな。(プライバシーの関係で、ボカシをかけてます。)

0601-01

「猫のまほう」のホームページによると、オープン時は新規入店のまだ名前も付いていない猫たちに加え、名古屋の本店、横浜石川町店から移籍した猫スタッフもいる。その中でも、まだ生まれて数ヶ月の子猫たちが主戦力(?)だ。猫たちは、むちゃくちゃカワイイっ! あっちこっちの無防備に寝ているので、誤って踏まないように要注意だ。

0601-003

0601-02

0601-03

0601-09

とにかく、どの猫もフレンドリーで、よく遊んでくれる。いまでも猫の数は十分かと思われるけど、さらに2倍に増やす予定らしい。オープンしたばかりだから当然だけど、店内も清潔で、スタッフも初々しくて良いです。「猫のまほう」は他店と比べてちょっと高めの料金設定になっているけど、今月いっぱいは割引料金(通常300円/15分が、250円/15分)で遊べるのでオトクかも。

今回はプレオープンということでたった1時間だったけど、猫たちと遊んでいたらあっという間に時間が過ぎてしまうので、要注意だニャ。

posted by のら at 10:41| Comment(0) | TrackBack(0) | Cats

2008年05月26日

なに見てんだよ〜!

ガンを飛ばす猫にゃ!

0526-1

先週末、久々に西小山にあるCurl up Cafeに行ってきた。金曜日ということもあってお客が多く、入店直後の6時半過ぎで5人くらいだったけど、その後増えて閉店する8時ごろには8人以上。もう少し、またーりしていると良いのになぁ。ま、でも、このCurl up Cafeは安心して楽しめる。スタッフの人たちも、ホントに猫好きという感じが伝わってくる。

このところ、猫カフェの開店ラッシュが続いている。毎月のように新しいお店の情報が入ってくる。ホントの猫好きが経営してくれるんだったら良いんだけど、どうなのかなぁ・・・・。単にカネになりそうという目論見だけで参入してくるところもありそう。命を扱う仕事だけに、心配だにゃあというのが正直なところナノダ。

posted by のら at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | Cats

2008年05月11日

秋葉原「ねこJaLaLa・・・その2

さて、秋葉原の猫カフェ「ねこJaLaLa」の2回目。このカフェは、基本料金は30分500円で、その後は10分毎に150円となっている。猫カフェとしては標準的な値段だけど、ドリンクは別になっていてコーヒーや紅茶、ジュースなどが300円〜の別料金だ。だから1時間、猫と遊ぶとだいたい1,250円というところ。ワタシはジュースを注文したけど、味は普通の濃縮還元ジュースの味。

営業時間は、ホームページには11:00〜19:00となっているけど、実際にはお客さんがいれば19:30くらいまでお店にいることができるみたい。仕事が終わってから行くとするとどうしても6時過ぎになってしまうので、できれば8時まで営業してくれるとありがたい。

0511-01

黒猫の写真はムズカシイ。露出はマイナス1に補正して写した。

0511-03

この、バネの先にネズミが付いたオモチャには、猫は大喜び!! オモチャによって猫の興味の度合いは全く違うところが面白い。

0511-06

椅子の下に隠れているけど、このヒモには興味津々みたい。意外と単純なオモチャに食いついてくれる。

この「ねこJaLaLa」は、結構、美猫が多い。猫たちの健康管理も行き届いているみたいだし、店内も清潔感がある。トータルでは、かなりオススメ度が高い猫カフェだ。あと1回、掲載予定にゃ!

posted by のら at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | Cats

2008年05月08日

ねこJa・La・La・・・・猫カフェシリーズ第5弾にゃ!

今回は、秋葉原に2008年1月25日にオープンした猫カフェ「ねこJaLaLA」のレポにゃ。ホントはオープンした当初に行こうと思っていたんだけど、情報によるとかなり込んでいるらしいし、平日は閉店時間が夜7時と早いため、なかなか行く機会に恵まれなかった。しかし、満員覚悟で連休の谷間=5月2日に行ったら、ちょうど入ることができてラッキー! でも後から来たお客さんが、「満員なので・・・・」ということで入店できなかったので要注意だ。(土日は予約可)

場所は秋葉原駅から歩いて7〜8分くらい。ワタシは秋葉原の地理には詳しかったため、すぐに場所がわかったけど、不案内な人は看板も出ていないためちょっと迷うかもしれない。芳林公園の裏手の通り、猫の手のドアノブが目印だ。

0508neko

お店に入ると、ますはシステムの紹介があり、手を洗ってアルコール消毒。ここまではどの猫カフェもお決まりのコースだ。お店はかなり細長い構造で、ちょっと狭め・・・・・CatsCafe.jpやカールアップカフェよりはちょっと広いかもしれないけど、「ねころび」よりはかなり狭い。そこにはすでに5人くらいの先客がいたので、「お客密度」はかなりちょっと高めで、最初のうちは居場所に困ったほど。でも猫とお客さんの数のバランスが取れているので、遊ぶのには全然困らない。

オープンから間もないカフェだけに、生後1歳未満の猫が多い。それゆえ、おもちゃへの食いつきのよさは抜群で、この点では先日のCatsCafe.jpに匹敵する。ひものオモチャと、ばねの先にネズミがついたおもちゃには、特に関心を示してくれて、遊んでいたらあっという間に時間が過ぎる。ただし抱き上げようとする嫌がる猫が多いので、モフりたいのならCatsCafe.jpの方が満足度が高いかも。

写真は、今日は一枚だけ。後日、改めて第2弾を掲載予定にゃ。

posted by のら at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | Cats

2008年04月26日

近所の猫さん

久々にE-410を持ち出してみた。レンズは14-43mmと40-150mmの2本だが、この組み合わせはホントにコンパクトだ。小型化を優先したレンズなのでF値は暗めだけど、昼間に写す分には問題はない。

0426neko

カメラ店の店頭では、すでにE-420が売られていて、このE-410は発売後1年で旧型になってしまった。撮像素子はE-3と同じ新型になってダイナミックレンジが拡大し、ライブビューの時にコントラスト検出のAFが可能になった。しかし、こうやって写してみるとE-410はまだまだ捨てたもんじゃない、・・・というかよく写るカメラだ。まだまだ買い換えるのは早い。

オリンパスのデジタル一眼レフは、撮像素子にLiveMOSが採用され始めて発色が変化した。このE-410もコダック社製CCDの時に比べると発色は薄めで物足りなかったのだが、記録モードをVIVIDにすると思い描いていたイメージに近くなる。撮影後にあまり手をかけたくない場合は、JPEG+VIVIDで記録している。

この写真の猫さんは、うちの近所の猫。レンズはなんと300mm相当なのに、ISO800にしてもシャッタースピードは1/30しか確保できなかった。手ぶれ補正がないE-410でも何とか使えるのはこの一枚だけだった。

posted by のら at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | Cats

2008年04月19日

CatsCafe.jp

にゃー。今日は先日予告したCatsCafe.jpの写真だにゃ。

持っていったカメラは、もちろんE-3で、レンズはZuiko ED12-60mmとSummilux 25mmの2本。だけど、結局Zuikoしか使わなかった。・・・というのも、この日は今年一番ヒドイ花粉症の症状に見舞われて、写真を撮る意欲が大幅に低下していたのだ。レンズ交換するのもメンドクサいし、そこそこの明るさがあったのであえてSummiluxを使う必要性もなかったというワケ。

0419neko8

0419neko1

0419neko3

この猫は落ち着いていました。にゃ。

0419neko4

ストローに異常な関心を示す大福クン。ひとりでストローと戯れて遊んでいるのだが、他の猫たちは一歩引いて見ている。

0419neko6

こら、人のカメラバッグの上で何してるッ!!!

0419neko7

猫部屋から出たら、ズボンは猫の毛だらけにゃー。 この近辺は昔ながらの商店街が残っている地域で、帰りは荏原中延の駅近くの焼肉屋で一杯。カルビ、ロース、タン塩、ホルモン、サラダ、クッパなどを注文し、デザートにジュースまで頼んだのに一人3,000円以下。店は静かだし、味もまぁまぁで良かった〜。

posted by のら at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | Cats