2010年12月20日

フルシャ&都響定期(12/20 東京文化会館)

都響の定期で、東京文化会館が満員になることは少ないけど、まだ知名度が高いとはいえない若手指揮者で、しかもメインがマルティヌーというプログラムにも関わらず、今日の演奏会は5回サイドの端まで聴取が入って、ほとんど満員。若干の空席はあるものの、フルシャの凄さが広まった結果だろうと思う。いまはネット社会、・・・・良い指揮者の評判は、すぐに広がる。

第709回定期演奏会 Aシリーズ
ヤクブ・フルシャ プリンシパル・ゲスト・コンダクター就任披露公演

会場:東京文化会館

指揮:ヤクブ・フルシャ
ピアノ:ニコライ・ルガンスキー

リスト:交響詩「レ・プレリュード」
ショパン:ピアノ協奏曲第1番 ホ短調 作品11
マルティヌー:交響曲第3番

リストのプレリュードは、もはや巨匠風の堂々たる演奏。都響の暑い弦楽器がオルガンのように響き、音楽の骨格を作り上げる。もう少し早めの演奏のほうがワタシの好みではあるのだけど、これはこれで立派な演奏。つづくショパンは、個人的にはザンネンな演奏ー。ショパン特有の身悶えするようなロマンティックな楽想がぜんぜんイメージと違う。打鍵が強すぎ、詩情が乏しく、歌心がないー!!って単に好みの問題かもしれないけど、ぜんぜんイメージと違う演奏なのだよ。それにコンサート中の客席の雑音も大杉!!演奏はすぐにドアを出てしまったのだが、会場内は大きな拍手で「幻想即興曲」をアンコール。ドアから漏れ聞こえる演奏を聴いていても、・・・・ダメだ、これはww まぁ、でも、このピアニストに関しては、ワタシのような評価は少数派だとは思うw

後半のマルティヌー。これはフルシャの真骨頂が発揮された演奏と言ってよいと思う。まだこの曲の真価を理解できているとは言いがたいのだが、美しくも悲しく、そして戦争への怒りが内包された作品だ。都響の演奏は、室内楽的な演奏で、透明感と密度感がある弦楽器が美しい。いやー、29歳の指揮者がこんな完成度の高い演奏しちゃっていいのかなー?と思うほど、隙のない内容で、これは文句なし。

フルシャには最低でも年2回は都響に客演して欲しいよ。プログラムも東欧系ばかりじゃなくって、もっと多彩なプログラムを聴いてみたい。でも来年12月までおあずけorz

posted by のら at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | orchestra-TMSO
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/42182682
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック