2010年12月20日

大友直人&東響 MUZA名曲全集

MUZA名曲全集の連続券を買うと漏れなく12月の第九がついてくる。個人的には年末に第九を聴く趣味もなく、むしろ悪しき習慣とすら思う天邪鬼なのだがww、連続券なら拒否するわけにも意かないw そんなわけで12月19日の日曜日、満員となったMUZA川崎に行ってきた。チケットは完売らしい。

【出 演】
指揮:大友直人
ヴァイオリン:アリョーナ・バーエワ
ソプラノ:小林沙羅 メゾ・ソプラノ:加納悦子
テノール:佐野成宏 バリトン:三原 剛
合唱:東響コーラス
【曲 目】
J.S.バッハ:ヴァイオリン協奏曲第2番
ベートーヴェン:交響曲第9番 ニ短調 作品125「合唱」

最初のバッハのヴァイオリン協奏曲。キレイな音だねー。こういう曲だと東響の弦楽器の美点がよく現れる。透明感があって、その中をソリストが音楽の旋律を構築していく。美しすぎて眠くなるけどww

後半の第九は、前半は正直良くなかったと思う。弦楽器が薄く、全体の音が溶け合わない。こういう音楽は退屈モード。。。。第4楽章は、ようやく音楽の流れが良くなってのってきたけど、テノールの声が不調なのか飛んでこないし、200名を超える大合唱団も、迫力はあるのだけど、単調で平板的。。。。すんまそー、ワタシ的には、いまいちの演奏会ですた。

posted by のら at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | orchestra-TSO
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/42180220
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック