2010年01月19日

JAL会社更生手続きへ

まえにも一度書いたけど、JALの経営不安説が広がりはじめた時も、ワタシ的には静観を決め込んだ。今現在、7万マイルを溜め込んでいるケド、あまり不安には思っていなかった。・・・全く不安に思っていなかったというとウソになるけど。

で、今日はJALから下記のメールが来た。

-----

日本航空よりJALマイレージバンク会員の皆さまへ

JALマイレージバンク会員各位
平素はJALグループをご利用いただき、厚く御礼申し上げます。
このたびは、JALグループ再生をめぐる一連の動きの中、お客さまには多大なるご心配をおかけしており、まことに申し訳ございません。既に報道されておりますように、日本航空は、本日企業再生支援機構からの支援決定をいただきました。あわせて、短時間で確実な再生を行なうために、東京地方裁判所から会社更生手続きの開始決定を受けました。

これにより事業の継続に必要な資金は確保され、さらに、事業を継続していくために、商取引債権とお客さまのマイレージは確実に保護されることになります。

今後ともJALグループ航空会社は安全かつ安定した運航を継続してまいります。お客さまの航空券、ご予約はそのままご利用いただけるとともに、新たなご予約も、引き続き承ります。他社運航のコードシェア便、JALで予約された他社乗り継ぎ便もこれまで通りご利用いただけます。またお持ちの株主優待券も、これまで通りご利用いただけます。

また、お客さまのマイレージは保護されるとともに、これまで通り、マイルをおためいただけます。また、お持ちのマイルは、これまで通り、特典に交換していただけます。既に交換済みの特典も、これまで通りご利用いただけます。

JALマイレージバンク会員、JALカード会員の皆さまには、これまで通り、JALマイレージバンクのサービスをご利用いただきますようお願い申し上げます。
さらに、JALカード、ジャルパック、ジャルツアーズ、JALホテルズなどのグループ関連会社も、これまで通り営業いたします。
どうかご安心いただき、今後とも変わらぬご愛顧を賜りますよう、なにとぞ、よろしくお願いいたします。
  平成22年1月19日
  日本航空

-----

一部では、JALのマイレージをJALショップで商品に換えてしまう人々が報道されていたけど、やっぱマイレージは航空券に換えてこそ価値を発揮する。夏の羽田=石垣便の往復との交換だったら、1マイル5円相当の価値になる。でも、Suicaへの交換やJALショップでの商品交換だと、1マイル1円程度。ワタシの、必ずJALは清算されないという確信に近いものがあったので静観を決め込み、結果的にはその判断は正解だったと思っているけど、他の人から見たらリスキーな判断だったのかもw

ワタシ的には、安全運行が確保されるのであれば、今後ともJALを利用し続けるつもりだけど、いつも使っている沖縄離島路線が減らされたらヤだなぁ。

posted by のら at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | Monologue
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34837500
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック