2009年12月27日

秋山和慶&東響の「第九」 @MUZA名曲全集

今年最後のコンサートは、MUZA Kawasakiでの名曲全集。個人的には年末に第九を聞く習慣はないけれど、MUZA名曲全集の年間会員になっていると12月の公演はいやでも「第九」というのが恒例。客層は、いつもの演奏会とは違って、このホールはハジメテっぽいような客も多く、満席になった。

20091227-1

【出演】
指揮・チェンバロ:秋山和慶
ヴァイオリン:南 紫音
ソプラノ:佐々木典子
メゾ・ソプラノ:清水華澄
テノール:大槻孝志
バリトン:青山 貴
合唱:東響コーラス
【曲目】
ヴィヴァルディ:協奏曲集「四季」〜春、冬
ベートーヴェン:交響曲 第9番「合唱付き」

南紫音は、美貌の若手ヴァイオリニスト。ステージに登場した瞬間から、パッと花が咲いたようなドレス姿。硬質で引き締まった音色ながら、やや線の細さ、音量の乏しさが気になる。「春」と「冬」での音色がいずれも怜悧な傾向。多少は、季節感を感じさせて欲しかった。

第九は、事前に危惧していたんだけど、東響の弱点が出てしまった演奏だったように思う。その弱点とは、弦楽器の薄さ、特に低弦の薄さではないだろうかと、ワタシは思っている。曲目によっては、その弱点は目立たないのだが、やはりベートーヴェンになると目立ってしまうのだ。弦楽器が薄いベートーヴェンは、骨密度の低い音楽・・・音楽に込められたベートーヴェンの意思が、どうしても薄く感じられてしまうのだ。ソリストは若手が多かったが、全体としてはまずます。その中ではバスの声量の大きさが光っていた。

20091227-2

ワタシ的には、ちょっと物足りない演奏だったんだけど、会場は大いに盛り上がっていたので、もしかしたらワタシだけの感想なのかもしれないけどね。

posted by のら at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | orchestra-TMSO
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34419530
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック