2009年11月18日

アルミンク&NJPのマーラー交響曲第8番@サントリーホール

今日は新日本フィルのサントリー定期。曲は一夜限りのマーラー「千人の交響曲」ということもあって、チケットは完売。

20091118-1

指揮:クリスティアン・アルミンク
ソプラノ:マヌエラ・ウール、宮平真希子、安井陽子
アルト :アレクサンドラ・ペーターザマー、清水華澄
テノール:ジョン・ヴィラーズ
バリトン:ユルゲン・リン
バス:ロベルト・ホルツァー
合唱:栗友会合唱団、武蔵野音楽大学室内合唱団
合唱指揮:栗山文昭
児童合唱:東京少年少女合唱隊
児童合唱指揮:長谷川久恵

アルミンクのマーラーに熱心の取り組んでいるけど、その評価は賛否両論。マーラーファンの多くがバーンスタイン的・・・・いや、そこまでいかなくても、ある程度、濃密系の音楽作りを好んでいるのに対し、アルミンクのマーラーは明らかに淡麗系。新日本フィルの音自体が薄めということもあるけど、あっさりとした音楽作りをしている印象が強い。そんなアルミンクが、マーラーの中でも最大級の交響曲に挑んだ。

ステージには150人程度のオーケストラ、Pブロックには250人程度の合唱団、RBブロックの後ろには50人程度の少年合唱、LDブロック前には数人のバンダという規模。さすがに無傷の演奏というわけにはいかない。独唱では、バスが不調な感じがしたし、合唱もやや力が入りすぎて美しさに欠ける瞬間もあった。オケはやはり薄めだし、アルミンクの第一部のアプローチは、あっさりとしすぎている。それでも、全体的に見れば、非常に感動的な演奏だったことは、声を大にして行っておきたい。

特に第二部のテノールのソロ以降は、とても美しく、純度が高く、天国的なマーラーを聴かせてくれたことは特筆に価する。ワタシは、その美しさ、感動的な音楽に落涙しました。いや、ワタシ的に、この曲を聴きたい気分だったのかもしれないし、多少の欠点なんて吹き飛ばしてしまう力が、この音楽にはあるんじゃないかと思う。カーテンコールは盛り上がって、大きな拍手に包まれ、何度も何度もアルミンクやソリストがステージに呼び戻された。

ま、いいじゃないか、淡麗系のマーラーだって。

posted by のら at 23:22| Comment(0) | TrackBack(1) | orchestra-NJP
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33721338
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

930‐ 台三段 マーラー8番 千人の交響曲 アルミンク 新日フィル2009.11.18
Excerpt: ● 2009年11月18日(水)7:15pm サントリー・ホール . マーラー 
Weblog: 河童メソッド
Tracked: 2009-11-22 19:24