2009年07月20日

ファブリス・ボロン&都響 作曲家の肖像「シベリウス」

7月12日(日)は、東京芸術劇場の都響「作曲家の肖像」シリーズ。テーマとなる作曲家は、シベリウスだ。ホールはほぼ満員。

指揮:ファブリス・ボロン
ヴァイオリン:ペク・ジュヤン

《シベリウス》
交響詩「フィンランディア」 op.26
ヴァイオリン協奏曲 ニ短調 op.47
組曲「レンミンカイネン」−4つの「カレワラ」伝説 op.22

ちと問題だったのは、ヴァイオリン協奏曲でソリストを務めたペク・ジュヤン。とにかく音程が不安定で、最近の若手演奏家の中では珍しいほど音が微妙に外れてしまう。ヴァイオリンのトラブルもあったのかもしれないけど、この演奏は楽しむことができなかった。

しかし、後半の「レンミンカイネン」はすばらしい演奏! この曲を全曲通しで聴くのは初めてだったが、これはもっと演奏される機会があっても良い曲だろう。シベリウスらしい透明感と融点が低い高揚感が「カレワラ」の伝説を表現する。都響の演奏も、密度感のある弦楽器を基調に、テンションの高い音楽を作り上げる。いやー、最近の都響は、ホントにスバラシイ。

posted by のら at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | orchestra-TMSO
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/30690004
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック