2009年07月20日

2009八重山の旅 その11 −旅のおわりー

すでに旅から帰ってきて久しいんだけど、急速に更新意欲が減退してしまいますた(汗)。

さて、7月7日、旅の最後の朝は、なぜか凄く早く目覚めて・・・ホントはだらだら過ごしたかったんだけど・・・、窓を開けたら朝焼けが凄くキレイそう。たぶん、このたびで一番キレイな朝焼けで、すぐにカメラを持って宿から歩いて10分ほどの鳩間島を見渡せるパイン畑へ。下の写真は、朝6:05に写したもの。最後のこの日、西表に来て一番天気の良い日になった。

20090707-2

宿に戻ったら、ちょうど朝食の時間。宿泊代を清算し、ちかくのパイン館に電話して日持ちしそうなマンゴー選んでもらって購入し、宿をチェックアウト。あ、そうそう、今回の西表島の宿は、住吉に昨年できたばかりの「母家-mamaya」でした。たった4室の小さな民宿だけど、各部屋にバストイレつき。ハンドタオルとバスタオルも毎日交換してくれるし、洗濯機もエアコンも無料で、2食付6,500円はナットクのお値段。

民宿の車で送ってもらって、10時の上原港発・鳩間島経由の安栄観光で石垣島に戻った。石垣港からはタクシーで石垣空港へ。ゴーヤそばを食べて、昼過ぎのJTAで那覇へ、そしてJALで羽田空港に戻ってきた。

20090707-1

全部で10泊11日の旅で、今回は石垣島を除くと全部初めて泊る宿をチョイスしたんだけど、全部はずれナシ。波照間の「うるま家」「ペンション最南端」、西表の「パイヌマヤ・リゾート」「母家」、・・・みんな、それぞれ良い宿だったと思う。

ただ、心残りは、西表での天気が良くなくて、キャンプも大変な思い出(汗)になってしまったし、サガリバナの開花も遅れていて花密度が低かったし、あいさつに行きたかったところにも行けなかったしと、日程が長かった割にはできなかったことが多かった。いつか、帰る日を決めないで旅に出たいなぁ。

-----

なお、今回のカメラの機材は下記のとおり。

OLYMPUS E-620
ZUIKO digital 9-18mm F4-5.6 & 14-54mm F2.8-3.5 & 70-300mm F4-5.6
EL-36
SIGMA DP-1
PENTAX optio W60

E-620は、今回のような風景を写している限りはとっても良いカメラで、コンパクトで画質も申し分なし。でも漆黒の闇の中を、星を写すような場合、高感度で長時間露光をしようとするとやはり画質が破綻する。具体的には絞り開放でISO800で60秒の露光をしようとすると、はやり熱ノイズが盛大に発生する。最後までD700を持っていくべきか迷ったんだけど、さすがにD700ではでか過ぎるしなぁ。

DP-1は、今回の旅の直前に中古で購入したもの。まだ実力は計りきれず。さすがにコレ、難しいカメラだ。そしてW60は、お気軽なメシや機内の記録用&カヤック&シュノーケル用として持って行ったもの。コンパクトいいんだけど、もう少し高感度に強ければなぁと思う。

posted by のら at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | Trip-2009 Yaeyama
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/30666140
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック