2009年06月15日

ベネヴィッツ・クァルテット@第一生命ホール

第一生命ホールのSQWシリーズ前半を締めくくるのは、「弦楽四重奏大国チェコ出身の若手新鋭が登場。2005年大阪国際室内楽コンクールで優勝し、日本ツアーを行ったベネヴィッツ・クァルテットが、2008年第8回「パオロ・ボルチアーニ賞」国際弦楽四重奏コンクール優勝者として、ワールド・ツアーの最後を飾る東京に凱旋、第一生命ホールに初登場する。」という触れ込みのクァルテット。客席は残念ながらカルミナよりもさらに減って、客席の半分以上が空席という感じ。

出 演
ベネヴィッツ・クァルテット
[イェルジー・ネメチェック /シュテパン・イェジェック(ヴァイオリン)、イェルジー・ピンカス(ヴィオラ)、シュテパン・ドレジャール(チェロ)]

曲 目
ベートーヴェン:弦楽四重奏曲第12番変ホ長調 op.127
シューベルト:弦楽四重奏曲第13番イ短調 op.29 D.804 「ロザムンデ」

でもですねー、ワタシも開演前にビール飲んでしまって、さらに曲目がどちらも苦手系だったのだよ。ベートーヴェンのSQは基本的に好きなんだけど12番はよく理解できないし、シューベルトはもともと苦手だし。そんなワケで、曲の感想はヌキ。

ただカルミナを聴いた次の日に新進のSQというのは、その違いが歴然とうなる。カルミナの歯切れのよう表現と比べて、ベネヴィッツはレガートでしっとりと歌い上げる。そして、カルミナの宝石的な硬質の美しさとは対照的に、ベネヴィッツはビロードのような上質な布地のような美しさ。ただアンサンブルの熟成度はかなり違って、まだ4人の音がキレイに解け合うまでにはもう少し時間がかかりそう。アンサンブルは、一日にして成らず、デス。

SQWシリーズは、秋から日本のSQシリーズが始まる。その時まで弦楽四重奏はオアズケ。

posted by のら at 14:32| Comment(0) | TrackBack(0) | Information
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/29819969
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック