2008年10月19日

アイスランド交響楽団の来日中止!

11月にすみだトリフォニーホールでシベリウスを中心とした音楽を中心に演奏する予定だったアイスランド交響楽団の来日公演が急遽、中止することになった。トリフォニーの紹介するオケはとっても個性的で面白いオケが多いので私もチクルス券を買っていたのだけれど、ホールから公演中止と返金の案内がきた。トリフォニーホールのHPによると、・・・

「ペトリ・サカリ指揮アイスランド交響楽団」公演中止のお知らせ(2008.10.16更新)

この度、11月4日(火)、5日(水)、6日(木)、7日(金)に予定しておりました「ペトリ・サカリ指揮 アイスランド交響楽団《シベリウス交響曲全曲連続演奏会&アイスランド音楽の夕べ》」公演に関し、国際情勢の変化により、アイスランド共和国に厳しい経済危機が発生し、来日できなくなりました。これに伴い、残念ながら急遽公演を中止させていただくことになりました。
チケットをご購入いただきましたお客様には、お詫びを申し上げますとともに、何卒ご了承いただきますようお願い申し上げます。
つきましては、公演チケットの払い戻しをさせていただきますので、11月14日(金)迄にご購入いただきました各プレイガイドにてお手続きをお願いいたします。
大変お手数をお掛けしますが、何卒ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

つまり、アイスランドで起こっている経済危機・金融危機が原因らしい。報道では「国家崩壊の恐れも」というセンセーショナルな見出しがつけられるほど、深刻な経済危機に陥っているとのことだ。年率14%ものインフレに、15.5%の高金利、そして対ユーロで30%の通貨の下落に見舞われ、対策として銀行の国有化が行われたが、危機は一向に収まっていないらしい。高金利を目当てに世界中から資金が集まっていたらしいけど、アイスランドの通貨の価値が大幅に下落したため、その多くが原本割れはおろか、焦げ付く恐れもある。もしかしたらこの危機は、アイスランドだけに収まらないかもしれない。

いずれにしても、クラシック音楽は、スポンサーなしにはなりたたない。今回の来日公演もアイスランドの企業がスポンサーになって実現することになっていたらしいけど、こういった金融危機が影響を及ぼしやすい分野はやはり企業メセナで成り立っている分野だ。クラシック音楽は、その最たるものと言ってよいだろう。今回のアイスランド交響楽団の来日公演の中止は、他人事とは思わないほうがいいのかも・・・・。

posted by のら at 18:42| Comment(0) | TrackBack(0) | Classical Music
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/21437797
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック