2008年10月04日

新国立劇場「トゥーランドット」 (10/1初日公演)

新国オペラの新シーズンの開幕を飾る演目はプッチーニが最後に作曲し、未完に終わった「トゥーランドット」だ。トリノ五輪の女子フィギュアスケートで荒川静香が使った音楽として一般的にも知名度が上昇中の演目だ。10月1日の初日公演を見に行ったが、会場は、私が見た範囲では満員の盛況だった。

4201004-1

【トゥーランドット】イレーネ・テオリン
【カラフ】ヴァルテル・フラッカーロ
【リュー】浜田 理恵
【ティムール】妻屋 秀和
【アルトゥム皇帝】五郎部 俊朗
【ピン】萩原 潤
【パン】経種 廉彦
【ポン】小貫 岩夫
【官使】青山 貴
【クラウン】ジーン・メニング
【合 唱】新国立劇場合唱団
【児童合唱】NHK東京児童合唱団
【管弦楽】東京フィルハーモニー交響楽団

【指 揮】アントネッロ・アッレマンディ
【演 出】ヘニング・ブロックハウス
【美術・衣裳】エツィオ・トフォルッティ
【照 明】ヘニング・ブロックハウス
【舞台監督】大澤 裕

すでにアチコチで書かれているのだが、この上演の最大のポイントはヘニング・ブロックハウスによる演出だ。プログラムの冒頭に演出家による文章が寄せられているけど、彼の演出の意図はプッチーニの作曲の動機と背景に迫り、このオペラをプッチーニの当時の心情になぞらえることだ。より具体的に言えば、女性関係の多かったプッチーニが、このオペラの作曲以前に好意を寄せていた小間使いのドーリアをオペラの中の女奴隷「リュー」になぞらえ、ドーリアを自殺に追い込んだとされるプッチーニの妻エルヴィーラを「トゥーランドット姫」に投射している。そしてカラフは、・・・このプログラムの中でははっきりと書かれていないが、私が想像するにたぶんプッチーニ本人なのではないか。

そしてブロックハウスは、このオペラの時代を初演された1920年代に移した。場所は、中国の外国人租界のようにも見えるし、イタリアの広場のようにも見える。沈黙の中、幕が上がると、舞台上には車輪が付いた移動式の舞台装置が置かれ、その周りには屋台がある。そして静まり返った舞台を、一台の自転車が走り回り、少しづつ屋台の出店が広げられて、やがて群集が登場する。しかし、ずーっと沈黙のまま。そこに響くのは群衆の足音だけというのは、ヘンな緊張感をもたらす。

5分程度だっただろうか、そんな寡黙なマイムが繰り広げられたあと、ようやくプッチーニの音楽が流れ出す。道化が登場し、カフェのマスターにマスクを渡して、彼はティムールに変身し、カフェの女中はリューとなる。そして偶然通りかかった観光客風の夫婦にもマスクが被せられ、カラフとトゥーランドット姫に変身するという趣向だ。屋台や市場で楽しんでいた人も次々にマスクを被り、これから繰り広げられる「劇中劇」トゥーランドットの登場人物になっていくのだ。

この後の進行を具体的に書いていくと延々と長くなってしまうのでかなり端折るけど(笑)、この劇の中のトゥーランドット姫は、非常に民衆と高低差がない人物に見える。姫の登場の仕方もそうだし、彼女が歌っているステージが小さな車輪つきの演劇小屋だし、舞台の上には金管のバンダがいるので、彼女の上にも人がいるのだ。それゆえ人間離れした威厳や存在感はなく、非常に一般的な人間に近い存在として描かれている。これも、姫をプッチーニの妻になぞらえようとするブロックハウスの狙いに違いない。

リューも、カフェの女中が変身するので、女奴隷という設定に無理がない。そして、この物語では姫よりもリューのほうが存在感が大きい。何といってもリューの死によって劇中劇が終わり、物語はいったんピリオドを打つのだ。登場人物もすべて劇中劇の仮面や衣装を脱ぎ捨て、プロローグで着ていた衣装に戻る。ここでプッチーニが生前に作曲した音楽も終わり、アルファーノがが作曲した音楽が始まる。そこから歌われるトゥーランドット(=プッチーニの妻)とカラフ(プッチーニ自身?)の愛の歌も、もちろんプッチーニ自身の音楽ではない。その愛の歌は、女中に心を奪われていたプッチーニと妻との間の和解のようでもあるが、アルファーノの音楽による虚構の愛の歌のようにも見える。

得手勝手な解釈かもしれないが、なかなか面白いアプローチだ。このような演出を思いついたブロックハウスには拍手を贈りたいが、・・・・この展開にはかなり無理もあるし、違和感も拭い去れない。正直言って、意欲は買うが、今後も上演が続けられる演出だとは思えない。私自身、あと1回くらいなら見てもいいと思うけど、・・・一度、ネタばれしてしまうと、繰り返し見たい演出ではない。

歌手では、リューの浜田理恵とティムールの妻屋秀和が印象的。トゥーランドットのイレーネ・テオリンは、硬質でテンションの高い声が印象的で、ワーグナーなんかも似合いそう。カラフのヴァルテル・フラッカーロは、「誰も寝てはならぬ」でもちょっとパワー不足。ちょっと不調だったのか。アッレマンディ指揮の東京フィルはいつもながらの適度にメリハリの利いた音楽を作り出していた。

ブロックハウスのアイデアに満ちた公演は、こういった挑戦的な演出が好きな人なら、一度は見てみる価値はある。演出の本旨からはちょっと外れるが、この舞台に登場する道化のアクロバットはなかなかの見ものだ。北京オリンピックを茶化したような風刺も折り込まれているし、道化のひとりはマクドナルドのキャラクターのようにも見えなくもない。マクドナルドは、北京オリンピックのオフィシャルスポンサーでしたね(爆)。

posted by のら at 00:26| Comment(0) | TrackBack(0) | opera
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/20490429
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック