2008年06月25日

ペンデレツキ&都響

今日は都響の文化会館定期。会場は、2〜5階がの空席が目立つが、全体では6〜7割程度の入り。東京文化会館としてはまぁまぁ、でもこの選曲を考えれば「盛況」といえなくもない(爆)。

指揮:クシシトフ・ペンデレツキ
ホルン:ラドヴァン・ヴラトコヴィチ

ペンデレツキ:弦楽のための小交響曲
ペンデレツキ:ホルン協奏曲『ヴィンターライゼ』(日本初演)
メンデルスゾーン:交響曲第3番 イ短調『スコットランド』 op.56

0625-01

ペンデレツキと言えば、現代を代表する作曲家の一人なんだろうけど、どちらも面白い曲だとは思えなかったなぁ。もちろん、今回はじめて聞いた曲なので、何回か聞けば評価は変わるかもしれないけど。ま、どちらかといえば、ホルン協奏曲のほうがロマン派の雰囲気が感じられ、聞きやすい曲かもしれない。ヴラトコヴィチのホルンは久々に聴いたけど、やっぱり名手だ。ホルンの音の柔らかさ、多彩な音色、安定感は抜群だ。

後半のメンデルスゾーンは、ちょっと個人的な好みには合わない演奏だった。まるでブラームスの声色を使ってメンデルスゾーンを演奏しているような感じで、重量感があってテンポは遅め。言い換えれば、重苦しく鈍重な演奏で一本調子、それに加えて音場の見通しが良くない。マジで、メンデルスゾーンの旋律の中からブラームスの響きが聞こえてくる感じで、どうも居心地の悪い演奏だった。個人的には、もっと明晰で見通しのいいメンデルスゾーンを聴きたかった。

posted by のら at 23:23| Comment(0) | TrackBack(1) | orchestra-TMSO
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/16383376

この記事へのトラックバック

ホルンの超絶技巧 ヴラトコヴィチ&都響
Excerpt: すっかりブログに書き込むのを忘れておりましたが、6月25日、都響第665回定期演奏会(Aシリーズ)を上野・東京文化会館で聴いて参りました。 ペンデレツキ:弦楽のための小交響曲 ペ...
Weblog: Internet Zone::WordPressでBlog生活
Tracked: 2008-07-06 21:06