2008年04月26日

近所の猫さん

久々にE-410を持ち出してみた。レンズは14-43mmと40-150mmの2本だが、この組み合わせはホントにコンパクトだ。小型化を優先したレンズなのでF値は暗めだけど、昼間に写す分には問題はない。

0426neko

カメラ店の店頭では、すでにE-420が売られていて、このE-410は発売後1年で旧型になってしまった。撮像素子はE-3と同じ新型になってダイナミックレンジが拡大し、ライブビューの時にコントラスト検出のAFが可能になった。しかし、こうやって写してみるとE-410はまだまだ捨てたもんじゃない、・・・というかよく写るカメラだ。まだまだ買い換えるのは早い。

オリンパスのデジタル一眼レフは、撮像素子にLiveMOSが採用され始めて発色が変化した。このE-410もコダック社製CCDの時に比べると発色は薄めで物足りなかったのだが、記録モードをVIVIDにすると思い描いていたイメージに近くなる。撮影後にあまり手をかけたくない場合は、JPEG+VIVIDで記録している。

この写真の猫さんは、うちの近所の猫。レンズはなんと300mm相当なのに、ISO800にしてもシャッタースピードは1/30しか確保できなかった。手ぶれ補正がないE-410でも何とか使えるのはこの一枚だけだった。

posted by のら at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | Cats
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/14451520
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック