2007年06月29日

与那国・西表の旅(Vol.1)

 6月29日の金曜日。天気は曇りで、今にも雨が降り出しそう。ベランダに出ると、はじめてのゴーヤの雌花が咲いていた。
ゴーヤには雄花と雌花があり、ゴーヤの実がなるのは雌花だけ。旅への出発の日に雌花が咲くというのはいかにも縁起がいい。早速、
雄花を摘んで雌花に受粉させ、大きな実になることを祈る。



 大きな荷物は、すでにJALのピッキングサービスで先方に送ってあるので、今回はちょっと身軽だ。
とはいってもコンピュータやカメラを送るわけには行かないので、そういった機材は持っていかなくてはならない。
手荷物は少なくしたつもりだが、それでも推定8kgくらいはあるロープロのカメラ・リュックを担いで羽田空港に向かった。


 09:00に出発予定のJAL909便は、満員の乗客を乗せていつものようにちょっと遅れて離陸。
離陸するとすぐに雲の中に突入して東京の風景は視界から消えてしまったが、雲を抜けると明るい天空の世界が広がっている。


 今回は与那国島と西表島を中心とした9泊10日の旅である。まずは那覇に向かい、そこから乗り継いで2年ぶりの与那国へ。
前回は台風襲来のため、4泊の予定が2泊で帰ることになり、無念な思いをしたリベンジである。島では国際カジキ釣り大会が開催中なので、
それもちょっと楽しみにしている。与那国で4泊したら、今度は石垣島経由で西表島で5泊の予定だ。今回は、この時期の早朝だけ咲き、
夜が明けると川面に落ちてしまう花=サガリバナを是非とも見たいと思っている。


 飛行機は西に飛ぶにつれて雲の切れ間が広がり、天気が良くなってきた。15分ほど遅れて着陸した那覇空港では雲ひとつない快晴だ。
気温は31度。沖縄ではすでに梅雨明けを迎えており、この時期は台風も少ないため、最も天気が良い沖縄を楽しめる季節なのだ。
Yahooの天気予報でも、今後一週間は安定した天気を予報している。今回は人事異動により、この時期に休みを取りやすくなったため、
念願だったカーチパイ(夏至南風)の沖縄に行くことができたのである。


 那覇空港では、まずは昼食。しかし、ちょうどお昼頃。どの店も混んでいて、しかも空港価格で値段が高い。
沖縄料理の店は狭くて長居できそうもなかったので、ファミレスっぽいロイヤル那覇空港レストランに入ってロースステーキセット
(\1,680)を注文。ステーキはかなりのボリュームがあるけど、噛み応えのある食感(^_^;)は輸入牛肉そのもの←あたりまえか!
 肉のソースには沖縄でメジャーということなので「A1ソース」というのをチョイスしたんだけど、酸味が強く、好みは分かれそう。



 14:00那覇空港から与那国に向かうRAC889便に搭乗した。機体は、39人乗りのプロペラ双発機DHC-8-100。
めっちゃ小さい飛行機で、座席も狭い。エアコンもあまり効かないので座席にはウチワが置かれている始末である。座席は、
島の眺めなどを考慮して左側窓側をゲットしたのだが、これが功を奏して宮古諸島、八重山諸島が一望できた。なお、
この機には派手な縞模様の衣装を着たお笑い芸人「ビッグスモールン」が同乗していた。
もしかしたら国際カジキ釣り大会のアトラクションに登場するのかも!?



 上の写真は鳩間島。このアングルで鳩間島を写すには、那覇=与那国の路線に乗るしかない。それにしても小さい島だな。



 ご存知、Dr.コトー診療所(志木名島診療所)だ。この4月以降、見学は有料化(\300)されたが、
その代わり町役場に申し込みをしなくても毎日見学が可能になっているらしい。

posted by のら at 22:30| Trip-Okinawa