2007年06月25日

新国立劇場「ファルスタッフ」

 書こうかどうか迷っていたのだが、一応、記録として残すために書いとくことにした。19日の火曜日、19時開演の新国立劇場主催の
「ファルスタッフ」を見に行った。


 すでにご承知の方もいるとは思うけど(^_^;)、私はヴェルディと相性が悪い。ヴェルディで唯一好きなのは「椿姫」
だけという変わり者である。そんな私のことだ。もちろん「ファルスタッフ」と相性が良いとは思えないが、なぜか過去に2度ほど見た
「ファルスタッフ」はそれなりに楽しめた記憶がある。そして、今回の新国版「ファルスタッフ」の出演者を見れば、アラン・タイトス、
ウォルフガング・ブレンデル、カラン・アームストロングというビッグネームが並んでいる。かなりの期待を持たせるキャスティングだ。


【指揮】ダン・エッティンガー

【演出】ジョナサン・ミラー

【美術・衣裳】イザベラ・バイウォーター

【照明】ペーター・ペッチニック

【再演演出】田尾下 哲

【舞台監督】大仁田 雅彦



【合唱指揮】三澤 洋史

【合唱】新国立劇場合唱団

【管弦楽】東京フィルハーモニー交響楽団


【ファルスタッフ】アラン・タイタス

【フォード】ヴォルフガング・ブレンデル

【フェントン】樋口 達哉

【医師カイウス】大野 光彦

【バルドルフォ】大槻 孝志

【ピストーラ】妻屋 秀和

【フォード夫人アリーチェ】セレーナ・ファルノッキア

【ナンネッタ】中村 恵理

【クイックリー夫人】カラン・アームストロング

【ページ夫人メグ】大林 智子


 で、結果的にどうだったのかというと、・・・・ぜんぜん面白くなかったのである。管弦楽も歌も、・・・・ぜんぜん面白くない。
それも・・・・・何が悪いのか、イマイチ良くわからない。少なくともスピーディなテンポが非常に窮屈な感じがしたのだが、
それが原因かどうかがハッキリしない。もしかしたら、・・・いや、きっと、私とヴェルディは相性が悪いだけなのだと思うしかないのである。
ワタシ的には、無駄な時間を過ごしただけになってしまったが、終演後のカーテンコールは大いに盛り上がっていた。ヴェルディ好きの人なら、
私と正反対の感想を書くかもしれない。

posted by のら at 22:24| opera