2010年12月01日

インバル&都響のブルックナー

11月30日は都響のサントリー定期。プリンシパルコンダクターのインバルが登場ということで、渋めの曲目にもかかわらず9割以上の入り。

モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第3番(Vn:四方恭子)
ブルックナー:交響曲第6番(1881年ノヴァーク版)

まず前半はモーツァルト。数あるヴァイオリン協奏曲の中でも、最もチャーミングな魅力に溢れるコンチェルトだと思う。ソリストは、都響コンマスの四方恭子。彼女が都響定期のソリストとして登場するのはたぶん初めて。ワタシ的にも、彼女のソロに本格的に対峙するのは今回が初めてだ。

で、四方のソロは、どこかほのかに演歌的。ちょっと憂いのある音色、わずかにコブシを感じさせる歌い回し。それは極端な表現ではないけど、そんな微妙な表現の中に、ただ流麗なだけではないコダワリがあるのかもしれない。オケはごく真っ当なモーツァルトの流儀で演奏しているので、ソリストとの微妙なギャップも感じたけど、よい意味でそれがスパイスとなったと思う。それにしても、久々に聴いたモーツァルトの第3ヴァイオリン・コンチェルト、・・・やっぱり良い曲だね。

後半はブル・ヲタ垂涎の6番。ブルックナーの中でも演奏頻度が少ないこの曲は、ワタシも確か2回目の実演だ。

インバルの実演は例の如く、非常にテンションが高い。オケを弓に例えれば、その弓を限界点まで絞るようなテンションを要求し、一歩間違えればオケが崩壊するかのようなところまで追い込む。今日のブル6もそれに近い演奏だった。研ぎ澄まされたppから俊敏に立ち上がるffのダイナミズム、明晰なリズム感、・・・そこから演奏されるブルックナーからまず感じるものは、なによりも力強さ、そして生命力、荒々しさ。荒々しさといってもアンサンブルのことではない。アンサンブルは高い次元で整っているけれど、インバルが求めるテンションの高さゆえに生命力の強さ=荒々しさとして感じるのだ。

都響は、インバルの指揮に応え、とても良い演奏。特にホルンの引き締まった音は、これまでの日本のオケからはなかなか聴くことの出来なかった水準。定評ある弦楽器はもとより、木管、金管にいたるまで、ほとんど問題なし。終演後のインバルの笑顔も、とても満足げ。ブルックナーというと枯れた演奏が好まれる傾向にあるけれど、こういうブルックナーも悪くない、・・・つーか、この演奏は秀演ですた。満足ー!

posted by のら at 00:07| Comment(2) | TrackBack(0) | Information

2010年12月14日

ヤクブ・フルシャPGC就任披露演奏会(都響サントリー定期)

ヤクブ・フルシャをはじめて聴いたのは2008年5月14日のこと。その時のプロコフィエフ「ロミオとジュリエット」抜粋は、若干26歳の指揮者とは思えない完成度で、その才能の素晴らしさを見せてくれた。・・・・あれから2年、フルシャは「ゲストプリンシパル・コンダクター」という立場で都響の指揮台に帰ってきた。いまの都響の顔は言うまでもなくエリアフ・インバルだけど、なんとなく一枚看板というという印象だった。ここにタイプの違う俊英ヤクブ・フルシャが加わったことは指揮者陣の厚みを数倍に増す効果があると思われ。

20101214

第708回定期演奏会
Bシリーズ ヤクブ・フルシャ プリンシパル・ゲスト・コンダクター就任披露公演
2010年12月14日(火)19:00開演(18:20開場) サントリーホール

指揮:ヤクブ・フルシャ
ソプラノ:アドリアナ・コフートコヴァー
アルト:ヤナ・シーコロヴァー
テノール:リハルト・サメク
バリトン:マルティン・グーバル
合唱:晋友会合唱団

ドヴォルジャーク:序曲「フス教徒」 作品67
スメタナ:交響詩「ブラニーク」
マルティヌー:リディツェへの追悼
ヤナーチェク:グラゴル・ミサ

客の入りは9割強。若干の空席はあるものの、ほぼ満席の聴衆からは、フルシャがステージに現れると同時に大きな拍手が贈られた。明らかに普段の定期とは違う雰囲気で、歓迎ムード一色。プログラムは、出身のチェコ・プログラムだ。

で、最初に書いておくけど、上記のプログラムで、聴き馴染んでいた曲は2曲目のスメタナだけで、他は初めて。グラゴル・ミサはYoutubeで聴いたけどw、ま、はじめてと言って良いかも。そんなワケで曲の解釈云々の話はヌキということでww

ドヴォルジャークの「フス教徒」とスメタナの「ブラニーク」は、両方ともローマ帝国と戦ったフス教徒をテーマにした曲で、音楽的にも共通の主題が登場するところが面白いプログラミング。そして序曲「フス教徒」から、明晰この上ない演奏を聴かせてくれた。ボヘミアの香りを適度に漂わせ、「プラジャーク」で聴き馴染んだ主題を織り交ぜながら、ドラマティックな音楽を構築していく。オーケストラを統率する力も抜群で、アンサンブルは緻密で、ダイナミックレンジの広さも印象的。もしかしたらボヘミアの濃厚な民族的な音色という意味では、物足りなく感じる向きもあろうかと思うけど、都響というオケの機能性を最大限に生かし、1曲目からフルシャの実力を見せ付けた演奏になった。

2曲目のスメタナも、とても端正かつ明晰な演奏で好演。厚みのある弦楽器が印象深い。ナチスドイツへの抵抗を描いたマルティヌーの曲も含めて、前半はチェコの悲劇的な歴史の中から生まれた音楽の紹介となった。

後半は「グラゴル・ミサ」。ミサとは名づけられているけれど、派手で多彩な音色が華々しい作品だ。ほぼ初聴きのため、この作品の良さはイマイチわからないのだが、ダイナミックレンジは広く、オルガンも含めて多彩な音色が練りこまれ、オバケの運動会みたいな部分も含めてw、ドラマチックな「ミサ」が上演される。 管弦楽が大規模になった分、前半よりも音の純度が若干低下したような印象も残ったけど、全体的には文句のつけようがない演奏だと思われ。合唱団のパノラマ的な声の広がり、ソプラノを初めとするソリストも申し分なし。

曲が曲だけに、音楽的な解釈はわからないが、オケを統率し、精緻なアンサンブルを作り上げることに関しては、もはや完成の域に達しているように思える。若干29歳のフルシャが、これから都響でどのような演奏を聞かせてくれるのか楽しみ。次はAプログラムだー。

posted by のら at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | orchestra-TMSO

2010年12月20日

大友直人&東響 MUZA名曲全集

MUZA名曲全集の連続券を買うと漏れなく12月の第九がついてくる。個人的には年末に第九を聴く趣味もなく、むしろ悪しき習慣とすら思う天邪鬼なのだがww、連続券なら拒否するわけにも意かないw そんなわけで12月19日の日曜日、満員となったMUZA川崎に行ってきた。チケットは完売らしい。

【出 演】
指揮:大友直人
ヴァイオリン:アリョーナ・バーエワ
ソプラノ:小林沙羅 メゾ・ソプラノ:加納悦子
テノール:佐野成宏 バリトン:三原 剛
合唱:東響コーラス
【曲 目】
J.S.バッハ:ヴァイオリン協奏曲第2番
ベートーヴェン:交響曲第9番 ニ短調 作品125「合唱」

最初のバッハのヴァイオリン協奏曲。キレイな音だねー。こういう曲だと東響の弦楽器の美点がよく現れる。透明感があって、その中をソリストが音楽の旋律を構築していく。美しすぎて眠くなるけどww

後半の第九は、前半は正直良くなかったと思う。弦楽器が薄く、全体の音が溶け合わない。こういう音楽は退屈モード。。。。第4楽章は、ようやく音楽の流れが良くなってのってきたけど、テノールの声が不調なのか飛んでこないし、200名を超える大合唱団も、迫力はあるのだけど、単調で平板的。。。。すんまそー、ワタシ的には、いまいちの演奏会ですた。

posted by のら at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | orchestra-TSO

フルシャ&都響定期(12/20 東京文化会館)

都響の定期で、東京文化会館が満員になることは少ないけど、まだ知名度が高いとはいえない若手指揮者で、しかもメインがマルティヌーというプログラムにも関わらず、今日の演奏会は5回サイドの端まで聴取が入って、ほとんど満員。若干の空席はあるものの、フルシャの凄さが広まった結果だろうと思う。いまはネット社会、・・・・良い指揮者の評判は、すぐに広がる。

第709回定期演奏会 Aシリーズ
ヤクブ・フルシャ プリンシパル・ゲスト・コンダクター就任披露公演

会場:東京文化会館

指揮:ヤクブ・フルシャ
ピアノ:ニコライ・ルガンスキー

リスト:交響詩「レ・プレリュード」
ショパン:ピアノ協奏曲第1番 ホ短調 作品11
マルティヌー:交響曲第3番

リストのプレリュードは、もはや巨匠風の堂々たる演奏。都響の暑い弦楽器がオルガンのように響き、音楽の骨格を作り上げる。もう少し早めの演奏のほうがワタシの好みではあるのだけど、これはこれで立派な演奏。つづくショパンは、個人的にはザンネンな演奏ー。ショパン特有の身悶えするようなロマンティックな楽想がぜんぜんイメージと違う。打鍵が強すぎ、詩情が乏しく、歌心がないー!!って単に好みの問題かもしれないけど、ぜんぜんイメージと違う演奏なのだよ。それにコンサート中の客席の雑音も大杉!!演奏はすぐにドアを出てしまったのだが、会場内は大きな拍手で「幻想即興曲」をアンコール。ドアから漏れ聞こえる演奏を聴いていても、・・・・ダメだ、これはww まぁ、でも、このピアニストに関しては、ワタシのような評価は少数派だとは思うw

後半のマルティヌー。これはフルシャの真骨頂が発揮された演奏と言ってよいと思う。まだこの曲の真価を理解できているとは言いがたいのだが、美しくも悲しく、そして戦争への怒りが内包された作品だ。都響の演奏は、室内楽的な演奏で、透明感と密度感がある弦楽器が美しい。いやー、29歳の指揮者がこんな完成度の高い演奏しちゃっていいのかなー?と思うほど、隙のない内容で、これは文句なし。

フルシャには最低でも年2回は都響に客演して欲しいよ。プログラムも東欧系ばかりじゃなくって、もっと多彩なプログラムを聴いてみたい。でも来年12月までおあずけorz

posted by のら at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | orchestra-TMSO

2010年12月28日

はいむるぶしの夜

12月28日未明、ふつうなら曇天、雨天が続く八重山の空は最高の誕生日プレゼントを贈ってくれた。冬の短期間の旅行中に、これだけ晴れ渡った星空を見ることができるのは、ちょっと珍しい。でも、月明かりと水銀灯がちょっと邪魔かなw

20101228-1

はいむるぶしは、小浜島のリゾートホテル。その名は「南十字星」を意味する。でも残念ながら南十字星は写っていませんww

posted by のら at 03:38| Comment(0) | TrackBack(0) | Trip

西表島温泉

温泉の泉質としては、ちょっとヌルヌル感はあるものの、無臭であまり温泉らしさはない。しかも循環で加温。塩素臭も多少漂う。でもここは好きな温泉ナノダw 繰り返し言うけど、ここは泉質を楽しむための温泉ではなく。ナマのジャングル露天風呂を楽しむ温泉なのだ。

ここには日本最南端の温泉と日本最西端の温泉が並んでいる。ここにくればその両方を制覇できる。

20101228-2

 

20101228-3

この近辺は、ヤマネコの目撃例も多いところ。極めて運がよければ、・・・・目撃できるかもしれない。集落からは離れているためにソフトバンクはもとより、au、ドコモとも携帯電話は全滅する。唯一の通信手段は、ホテルロビーの無線LANだけ。ここに来たら、温泉から上がったらビールでも飲みながら、窓の外のジャングルを眺めつつ、ゆったりと時間の経過を楽しむのがいい。

posted by のら at 16:08| Comment(0) | TrackBack(0) | Trip

イリオモテの夜

昨日の小浜島に続いて、今日、イリオモテも夜空の星がスゴイ。この冬に、ここまで星空が見えるのは、まさに猫神さまのお恵みというほかないww

20101228-4 

ただし、波照間と違って、写真を撮ろうと思ったとき、他の島の光害を受けやすい。夜空のコントラストの高さで言えば、明らかに波照間のほうがキレイに星空は臨めると思う。

さて、このパイヌマヤリゾート(西表島温泉)も、今年1月にドコモとauの電波が届くようになったらしい。昨年7月に来たときにはケータイ未開拓地帯だったのにww でもソフトバンクは相変わらずー。

posted by のら at 22:42| Comment(1) | TrackBack(0) | Trip

小浜島の夕景

ツイッターには流し済みだけど、ブログにも貼っとくです。ハワイじゃないよw 小浜島だよ!

20101227-1

 

20101227-2

 

20101227-3

ここまでオレンジ色の色彩感が濃くて、キレイな夕陽を見たのは、昨日の小浜島がはじめてかも。

posted by のら at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | Trip