2008年04月20日

16GBのコンパクトフラッシュが・・・・

こんなに値下がりして良いのか・・・と思う値段になっているのが最近のシリコンメディア。以前にこのブログで「激安」と書いていたトランセンドの133倍速 16GBのCFカードが、1月は12,800円だったのに、今では多くの店で9,980円、・・・ネット上では8,980円という店もある。この容量なら、E-3のRAW画像が1,500枚程度は保存できる計算になり、ふつーの旅行であれば一枚のメディアでも十分な容量だ。SDカードならClass6の高速タイプの16GBのメディアが7,000円を切っているのだが、これまでは100倍速を超える中速CFとしてはこのトランセンドが一番安かったのだ(A-DATAのSpeedyブランドはSDカード並みに安いが、速度はかなり遅いらしい)。

420cf

そんな中、ネット上でさらに激安のメディアを発見した。ヨドバシあたりでも扱っているブランドで、PQIの120倍速16GB CFが送料込みで7,380円!! 特に必要性があったわけではないのだが(爆)、現在の手持ちのメディアに加えてこれがあれば、旅行中のバックアップも含めて大丈夫・・・・ということで買ってみたというワケ。

で、早速テスト。(OLYMPUS E-3 RAW撮影でのデータだす・・・)

メディア 撮影枚数
(10sec)
バッファ
開放時間
値段
(4/20現在)
PQI 120x 16GB 31枚 約7秒 7,380円
Transcend 133x 16GB 27枚 約9秒 8,980円
SilliconPower 200x 8GB 29枚 約8秒 4,780円
A-DATA 120x 8GB 22枚 約15秒 -

PQI以外のデータも、今回、実験し直した。カメラ側でメディアをフォーマットしなおすと、意外と速度が変わるものだ。16コマまではバッファで連続撮影するので、残りの枚数を約7秒間で写した計算になる。実際に使ってみて、びっくり。PQIが120倍速ながら、いちばん速い。これだけ速いということは、公式HPでは書かれていないけれど、もしかしたらUDMA4にも対応しているのかも(他のサイトのプレスリリースによるとUDMA非対応との事)。公称200倍速のSilliconPower(UDMA4対応)よりも速く、さらにPQIは国内永久保証なので、PQIの方がお得感が高い。信頼性の高さは、まだわからないけれど、とりあえず一枚持っていても損はないカモ。

ワタシが買ったのは楽天内のショップでEsMediaという店。初めての店だったが、振り込んだら翌日にメール便で配達されてきた。次いで安そうなのは風見鶏という店か。こっちならカードも使えるので安心感は強いけど、値段は7,700円。それにしてもコンパクトフラッシュも安くなったものだなぁ。

※ここに書いたデータは、あくまでもUDMA4に対応したE-3で測定したモノです。他の機種では結果が大きく違う場合があるので、要注意ですよ〜。

posted by のら at 17:21| Comment(3) | TrackBack(0) | Photograph