2005年06月10日

スダーン&東響の「トゥーランドット」ベリオ版

 6月10日はミューザ川崎で行われた東京交響楽団川崎定期に行ってきた。プログラムは、
今年の目玉とでも言うべき演奏会形式のプッチーニの「トゥーランドット」で、しかもベリオ補作版による日本初演というオマケつき。
こういう現代的なエッセンスを加えた大規模かつ声楽付き作品を定期に取り入れるのは、東響の毎年のプログラムの傾向だ。
会場は8〜9割程度の入りで、かなりの盛況だった。


 プッチーニは、個人的には最も好きなオペラ作曲家のひとりだ。あの甘美な旋律はたまらんと思うわけだが、
このトゥーランドットも例外じゃない。未完のオペラとはいえ、やはりプッチーニの官能的な旋律が散りばめられている。
この日の演奏をした東京交響楽団は、そのプッチーニの音楽をきれいに演奏していたのが実に印象的だった。さすがに新国立劇場や、
サントリーホールの演奏会形式にオペラに登場しているだけあって、このようなオペラ作品にも長けている。くわえてスダーンの統率力も確かで、
音楽のタテの線をそろえるだけではなく、甘美な旋律の表現にも長けていて、歌手との呼吸感もきちんと揃えてくる。
スダーンが登場するときの東京交響楽団は、1ランク実力が上がったような印象である。


 さらに歌手も良かった。トゥーランドット姫を演じたルチア・マッツァリアは、その役柄に似合ったクールで強靭な声の持ち主。
カラフのレンツォ・トゥリアンも、やわらかい美声の持ち主で、声量も十分。リウの砂川涼子は、この二人と比較すると分が悪いのは否めないが、
清純な雰囲気があって好演。その他の歌手陣、合唱団(東響コーラス)も、不満の無い出来栄えだった。


 さて、注目のベリオの補作部分だが、はっきり言って違和感がある(^_^;)。
きっと補作した本人もプッチーニの意図したものを完成させることを目的に補作したわけではないだろう。もちろん、
プッチーニの完成させた部分の音楽を無視したわけではなく、そのモチーフも用いているけど、ベリオというと「シンフォニア」
というマーラーの曲のコラージュのような曲を思い浮かべるが、なんとなくそういう匂いも感じさせる補作である。
プッチーニのモチーフを借りて、自らの音楽を織り込んでいる。まぁ、今後、ベリオ版が主流になることは無いような気がするけど、・・・まぁ、
いいか。そんなワケで、ベリオ版かどうかという話は抜きにして、とても満足度の高い演奏会だった。


 

posted by のら at 23:20| Comment(0) | orchestra-TSO